スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン】イーブイフレンドリーマッチ使用構築メモ

更新さぼってました。えーてるです(
近況としては、艦これのほうではE-6を無事クリアし、またポケモンのほうでは各種wi-fi大会、シングル厨オフに参加しました。
シングル厨のほうは使用構築も結果も満足のいくものではなかったので今回は記事としないことにしました。
代わりに、今回はシリーズ?として各種wi-fi大会の結果及び使用構築をまとめようと思います。
 
まず第1弾、7/11~7/14開催のイーブイフレンドリーマッチ(ブイズローテ)での使用構築です。(今更感)
   
flareon.gif
NameAbilityNatureHeld item
ブースターこんじょうようきどくどくだま
Move 1Move 2Move 3Move 4
からげんきニトロチャージフレアドライブでんこうせっか
Statistics(EV)
HABCDS
91 (36)111(252)50 (0)*80 (0)75 (212)
Explanation
HPを10n+1にし、残りをAとSに。
A、Dが高いこのポケモンはこのルールでは必須級。存分に活躍してくれました。

   
jolteon.gif
NameAbilityNatureHeld item
サンダースちくでんおくびょうたべのこし
Move 1Move 2Move 3Move 4
かみなりどくどくあまごいうそなき
Statistics(EV)
HABCDS
105 (224)* (0)50 (0)82 (24)71 (0)122 (252)
Explanation
調整理由は忘れました()
後ろで書きますが、うそなきやあまごいをしてシャワのポンプで一貫を作りたいPTでした(

   
vaporeon.gif
NameAbilityNatureHeld item
シャワーズちょすいひかえめこだわりメガネ
Move 1Move 2Move 3Move 4
ハイドロポンプなみのりれいとうビームシャドーボール
Statistics(EV)
HABCDS
146 (252)* (0)50 (0)108 (252)80 (0)53 (0)
Explanation
実は5世代のブイズローテでこだわりメガネハイドロポンプの火力に非常に感銘を受けたということがありまして、今回もこのポケモンを軸に据えて構築を出発しました。他のブイズで場を整えた状態ならば期待通りの活躍をしてくれましたが、そのせいで初速がどうしても遅くなってしまうのがネックでした。

   
leafeon.gif
NameAbilityNatureHeld item
リーフィアようりょくそようきいのちのたま
Move 1Move 2Move 3Move 4
リーフブレードおんがえしみがわりつるぎのまい
Statistics(EV)
HABCDS
88 (0)99 (252)92 (0)45 (0)53 (0)99 (252)
Explanation
ブースターとほぼ同様の理由(Aが高い)で活躍するかな?と思い入れてました。あくびなどが面倒なので逆に起点にできるよう、またローテということで入れといて損はないと思いみがわりを仕込んでいました。実際剣舞珠リーフブレードの火力はとても頼りになるものでしたし、身代わりが刺さった試合も何度かありました。またおんがえしも一貫性が高い技として必須だと感じました。

   
glaceon.gif
NameAbilityNatureHeld item
グレイシアゆきがくれひかえめあついいわ
Move 1Move 2Move 3Move 4
れいとうビームこごえるかぜミラーコートにほんばれ
Statistics(EV)
HABCDS
107 (252)* (0)80 (0)122(252)71 (0)53 (0)
Explanation
ここをブラッキーに変えたかった。正直迷走してた枠。

   
sylveon.gif
NameAbilityNatureHeld item
ニンフィアフェアリースキンずぶといオボンのみ
Move 1Move 2Move 3Move 4
ムーンフォースサイコショックめいそうでんこうせっか
Statistics(EV)
HABCDS
125 (252)* (0)79(252)80 (0)92 (0)50 (0)
Explanation
めいそう積んでなんやかんやしたかったですが、うまく機能したことが少なかったです。マッチングしたニンフィアの半数が物理ニンフィアであり、実際そっちのほうが強そうだなって使いながら思っていました。(悲しみの目)
 
 
最終レート勝数負数
1576pt1713
 
全体的に、初速の遅さが目立つ構築だったことがこの勝率の原因であるかなーと思います。
ローテですので、もう少し速度の早目な(場を整える必要がほぼいらない)勝ち筋も備えたPTのほうが良かった感がありますね;
またグレイシアの枠が謎過ぎたのでもう少し煮詰めるべきでした。
想定外に物理ニンフィアが強そうだったので入れてみたかった人生でした。
 
ここまで読んでくださってありがとうございます。次の記事ではバトルレジェンドの使用構築をまとめようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えーてる

Author:えーてる
ポケモン好きでアニメ好きな社会人一年目のSE。ブログ放置はデフォです。
考察や感想で突っ込みどころなどがある場合はぜひ教えてください。間違っていることを言っている可能性もあるので。

Skype: t1qtstu9
Twitter: ether_ant


ACCESS:

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。